納得のバッテリー価格ステーション

役立つ工事用品に関する情報を配信中!

細かな配線をするのに、電線の両端の被覆をはぎ取ってしまいそのまま接続してしまっては、機械的な安定が悪いために良好な電気的接触をすることが出来なかったり、簡単に外れてしまったりする恐れがあります。

 

そのためにも電線の両端に圧着端子という部品を取り付ける必要がある時があります。
圧着端子というのは典型的にはスリーブ(筒)に平たい板が付いた形をしており、ねじや陸軍端子等に取り付けやすい形になっているのが特徴です。

 

圧着端子のスリーブの中に電線の導体部分を通すことによって、圧着工具で力を掛けてスリープをかしめ固定することで、電線の導体部分は圧着端子のスリーブに固定されることから簡単に外れることがなくなります。


 

黄銅丸棒やアクリル樹脂等のように切り屑が細かく破断する材料にはすくい角のないバイトを使い、銅やアルミニウムのように切り屑が長く伸びてくる材料には大きくすくい角のついたバイトで削るようにしましょう。

 

また穴あけにはセンタードリルやドリルを使うようにしましょう。
ねじ切りにはダイス、タップを使うと便利です。

 

切削工具の刃部の材料としましては耐磨耗性、靭性、高温硬さが要求されます。
材種は合金工具鋼、高速度鋼、焼結合金(超硬と呼ばれています)、セラミックッス、ダイヤモンド等があります。

 

そんな切削工具ですが、刃部の材質や形状、用途、大きさによって種類が数多く販売しています。
加工物の材質や大きさに適したバイトを使うことが最も大切なことではないでしょうか。

 

ホーム RSS購読 サイトマップ